採用情報

教育研修制度

採用情報 > 教育研修制度

充実したNRMグループ社内研修・教育制度
専門性の高いレコードマネジメントのスペシャリストを養成します。

 
NRMグループの誇る最大の資産は「人財」です。「社員を大切にする経営」を経営理念に掲げ、創業以来、一人ひとりの社員が持てる力を最大限に発揮できるよう、「社員の知識・経験・スキルの向上」を大切にし、充実した教育制度を整えています。

 

新入社員研修

基本マナー、仕事の基礎など社会人としての第一歩を踏み出すための知識習得を行います。さらに導入研修として、会社や業界などの基本的な情報やITの基礎・レコードマネジメントの基本について、社内講師やNRMグループ制作のE-ラーニング、豊富なテキスト類を使って学んでいきます。その後、OJTを交えながら更なるステップアップを目指します。
 

NRMグループ全社研修会の開催

春・秋年2回、全国から中堅社員が集まり、NRMグループ全社研修会を開催しています。中堅社員に対してのスキルアップ研修として、プロジェクトの事例発表やマネジメント研修等を実施しています。毎回各界の第一線でご活躍されている講師をお招きしての講演会も開催しています。
 

資格取得補助制度

NRMグループでは、社員のスキルアップの支援として、会社で推奨する資格に対して資格取得補助制度を設けています。
 

NRMグループ制作の教材

NRMグループは、記録情報管理士検定取得を積極的に推奨しています。

記録情報管理士とは

左:記録情報管理士検定標準テキスト
右:記録情報管理士検定過去問題集

組織各部門の文書管理を効果的、効率的に実現するために、自らが中心となって文書管理に関する業務を推進・実行する専門職です。つまり部門内の人々をその知識・専門能力で支援する「文書・記録情報管理のコンシェルジュ」の役割を果たします。文書管理システム及びその運用、情報倫理、情報セキュリティに明るく、優れたコミュニケーションスキルとITスキルを活かし、部門スタッフ/プロジェクト秘書として部門業務の問題解決を支援します。また記録情報管理士は、一般的な事務部門で必要な情報管理の基本を身につけていますので、どのような業種・業務でも優れた事務系スタッフとしてその能力を発揮することができます。
この記録情報管理士の上級レベルの専門職がレコードマネージャーです。レコードマネージャーは全社・全庁的なレコードマネジメントのプログラムを立案し、効果的な実施・推進をコーディネートする高度な専門職(ナレッジプロフェッショナル)です。記録情報管理士の次のステップとして、さらに高度なレコードマネージャーへの道を目指すことができます。

ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。